ルール

第6回 全国大学生マーケティングコンテスト 

公式ルール・評価基準

 

【参加資格・チーム編成】

  1. 日本の大学に通う3~4名の学部生で編成すること。留学生の参加も歓迎する。
  2. チーム全員がプレゼンターとなり、1人1回は必ず発言すること。

【発表制限時間】

  1. メインテーマ14分以内、特別キャンペーン1分以内、合計で最長15分とする。
    • タイムキーパーは警鐘を3度鳴らす(13分、14分、15分経過時)。
    • 2度目の警鐘で(或いはそれまでに)メインテーマの発表を止め、特別キャンペーンの発表を始めること。
    • 3度目の警鐘で司会者が直ちに発表を止めるよう知らせる。
  2. 決勝大会ではこれに加えて質疑応答(5分)を行う。
    • どの審査員が質問しても良い。
    • どのメンバーが質問に答えても良い。

【マーケティング・プラン内容】

  1. マーケティング・プランにSNS使用を含めることを推奨するが、強制ではない。
  2. プランのタイムラインを1年以内、売り上げ拡大目標10%、予算2,000万円以内とする。複雑な費用計算は必要ないが、プラン作成の際に念頭に置くこと。
  3. 日本国内市場でターゲット顧客を決めること。海外市場で選ぶことはできない。
  4. 既存の製品の値段・色・デザインなどの詳細を変更すること、新しい商品を提案することはできない。
  5. プラン作成時に、以下の3点(或いは4点)に明確な答えを提示できるよう念頭に置くこと。
  • 【顧客ターゲット】「豊岡鞄」のターゲットにはどのような人がふさわしいか。
  • 【動機付け】なぜ「豊岡鞄」を購入すべきか。効果的で印象に残るメッセージを通じて伝えること。
  • 【販売促進法】「豊岡鞄」の宣伝・販促のためにどのような方法を採用すべきか。宣伝例も発表に含めること。
  • 【SNS】(を採用すると決めた場合には)Twitter、Facebook、Youtube、LINEなどをどのように「豊岡鞄」の宣伝に活用するか。
  1. 予選審査から決勝大会の間に、発表の仕方・プラン内容に磨きをかけることは許されるが、全く異なるものへの変更は認められない。

【特別キャンペーン】

  1. インターネット上で展開されるキャンペーンを想定し、①具体的なメッセージと②宣材(SNS投稿)の具体的アイデアを提案すること。

【発表スライド・演出】

  1. 発表スライドは、Microsoft PowerPoint (ppt/pptx) で作成すること。
  2. 発表スライド数に制限はない。
  3. 発表中に用意した動画を流すことは可能だが、発表全体を通して背後に流れるいわゆるBGMの使用は不可とする。

【審査基準】

  1. 発表は以下の5つのカテゴリーのそれぞれの観点から評価される。但し、メインテーマの(90点満点)と特別キャンペーン(10点満点)は別に評価される。
  • 内容(30点)(プランの独自性、創造性、実現可能性)
  • 発表(30点)(自信と情熱、英語力、メンバーの連携)
  • 視覚資料(20点) (PowerPointの構成、PowerPointの効果)
  • 質疑応答(10点)(質疑応答)
  • 特別キャンペーン(10点)

【動画提出による予選エントリーについて】

  1. 録画動画によって予選審査を行う。内容、形式に関するルールは、上記決勝大会に順ずる。
    • チーム全員がプレゼンターとして発言すること。
    • 制限時間は最大15分。
    • 用意した動画の使用は可、BGMの使用は不可。
  2. 動画ファイルは、一般的にパソコンで再生可能な形式(flv、mp4、mpg、avi、asf、wmv等)であればどの形式でもよい。

【その他】

  1. メインスポンサー(豊岡鞄協会)への直接の問い合わせを禁止する(横浜市・堺市開催の鞄フェア開催時を除く)。全ての質問は、大会事務局にメイル連絡すること。

 

 

Marketing Competition Japan 2016 Official Rules

A team should make a plan for the following:

Main Theme: Advertise and promote the local brand “Toyooka Kaban.”

Special Campaign: Increase the number of young people who work in the bag industry and live in Toyooka.

[Entry Qualifications and Teaming]

  1. A team must be made up with 3-4 students who go to Japanese universities. International students are welcome as well.
  2. All the members must speak at least once during the presentation.

[Time Limit]

  1. Presentation on the main theme should within 14 minutes. Presentation on the special campaign should be within 1 minute. The total time of the presentation should be within 15 minutes.

– Timekeeper will ring a warning bell 3 times (at 13 minutes, 14 minutes, and 15minutes).

– At (or before) the second bell, you have to stop your presentation of the main theme and start your presentation on the special campaign.

– At the third warning bell, MC will ask presenters to stop immediately.

  1. Each presentation will be followed by a 5-minute Q&A session.

– Any judge can ask questions.

– Any member can answer questions.

[Marketing Plan]

  1. The use of social networking sites (SNS) is recommended, but not mandatory.
  2. For the marketing plan, the timeline is 1 year, the goal of sales increase is 10%, and the budget is 20 million Japanese yen (2,000 man yen). No detailed calculations are necessary, but keep these numbers in mind in making a plan.
  3. Choose target customers in Japan. Target should not include those in other countries.
  4. You cannot change details of the products such as price, color, design or suggest new products.
  5. In presenting on your plan, answer the following questions:

[Target] What demographic of people would be suitable as the target of Toyooka Kaban?

[Motivation] Why should they buy Toyooka Kaban? Motivate the target with an effective and impressive slogan.

[Promotion] What methods should you take in order to advertise and promote Toyooka Kaban? Include a sample advertisement in your presentation.

[Social Media] (If you choose to use SNS) How will you use Twitter, Facebook, YouTube, Line, etc to advertise Toyooka Kaban?

  1. You can improve your plan or presentation performance after the preliminary, but you cannot change your plan completely by the final.

[Special Campaign]

  1. Present on a concrete idea of (1) slogan or message and (2) promotional materials as a SNS post, keeping in mind that the campaign will held be on the Internet.

[Presentation Slides]

  1. Use Microsoft PowerPoint (ppt, pptx.).
  2. There is no limit for the number of slides.
  3. You can audio or video during your presentation, but you cannot use BGM.

[Evaluation Criteria]

  1. Presentation is evaluated by the following viewpoints in 5 categories. Main theme (90 points) and special campaign (10points) are evaluated separately.

– Content (30 points) [Originality, Creativity, Feasibility]

– Delivery (30 points) [Confidence & Enthusiasm, English Quality, Teamwork]

– Visuals (20 points) [PowerPoint Organization, PowerPoint Effect]

– Q&A (10 points) [Response Quality]

– Special Campaign (10 points)

[Preliminary by Presentation Video]

  1. Preliminary will be conducted by evaluating a pre-recorded video clip of your presentation. Rules regarding the content and the format are the same with those for the final.

– All the members must speak at least once during the presentation.

– The total time of presentation should be within 15 minutes.

– You can use audio or video during your presentation, but you cannot use BGM.

 

  1. You may use any file format (flv, mp4, mpg, avi, asf, wmv) as long as it can be played on regular PCs.

[Others]

  1. Refrain from visiting or calling Toyooka Bag Association or shops to make inquiries about the competition. All the questions must be directed to MCJ office by email.